メンズショーツで女子ウケ狙うなら

今年の夏の短パンは「太くて短い」 or 「太くて長い」がトレンド

MENU

ダサい、きもい、と言われるメンズショーツで、女子ウケ狙うなら?

 

休日にショーツを履く機会が増えるシーズンになってきました。

 

「ダサい、きもい」と思われていないか、女子の視線が気になりますね。

 

メンズショーツのきこなしは、シャツやモノトーンで大人っぽくシンプルにまとめて、アウトドアやリゾートでもラフすぎない着こなしが、女子ウケする好印象のポイントになります。

 

夏服はラクに上品にかっこ良く、褒められ上手なショーツコーデをピックアップしました。

 

カーキショーツ×白シャツ

ミリタリーな印象のカーキショーツは光沢のあるコットンツイルを選び、リゾートバンドカラー白シャツで爽やかにコーデします。
明るくて清潔感があり、涼しい配色は、女子ウケすること間違いなしです。
アウトドアやリゾートなら、足元はレザーサンダルで軽さを表現して、小物はシルバーリングやハットで開放感を演出します。

 

グリーン系ショーツ×ストライプシャツ

トレンドのグリーン系ショーツは、ストレッチのきいたコットンナイロン素材が軽く動きやすいです。センタークリース入りの大人っぽいタイプは、街歩きにも違和感がなく、おしゃれな休日ショーツの代表です。
好印象の鉄板といわれるブルーストライプシャツと、白のレザースニーカーを合わせて大人っぽくシンプルにまとめます。

 

カラーショーツ×ボーダー

ほどよくリラックス感がでるのは、表面を毛羽立たせたピーチ加工タイプライターのショーツです。夏らしく赤などのビタミンカラーもきれいめ色で上品です。
トップスのボーダーは、半袖よりも八分袖を選ぶのが大人見えするポイントです。
デッキシューズを合わせて、マリンフレーバーな装いも爽やかです。

 

白デニム×スウェット

旬の白をショーツに取り入れるなら、デニムショーツがピタッときまります。トップスのスウェットは、パーカよりもクルーネックを合わせると端正な印象です。カジュアル感が強いコーデなので、ハイブランドを活用する方が無難です。足元をレザーのスリッポンにするだけでもこなれ感のあるショーツコーデになります。